ブランド力

「ブランド力」というタイトルですが、最近、
そんな話をよく聞き、どこにも共通するかな、と
自分の心のメモとして書きます。

私はここ最近、趣味(遊びともいいます)が広がり
波乗り以外にも、山登りや自転車にはまっています。

そこで、必要なグッズなどを揃えに、専門店と
幅広く商品を置いたチェーン店に顔を出します。

両者で同じ商品を見た場合、金額の差は、
せいぜい数百円から千円、二千円ほどの差です。

だったら、私は専門店で購入します。

その理由は、専門店の方がしっかり商品を把握して
使い込んでいたり、良さを熟知しているという安心感。
そして持っている知識を共有してくれるからです。

要は「人」です。

そこに、専門の方がいらっしゃるから、
お店に行って商品を購入するのです。

そこで得るものは金額に値しないくらい
大きい事の方が多いのじゃないかと思います。

 
そしてお店を訪れて見聞きして気づいたことは
人気があり、定番になっているものほど、
作り手も愛着に溢れ、研究を重ね、
いかにクオリティの良いものを
市場に出しているか、が見受けられるということ。

「人」の手が加わっている事が、伝わって来ます。

その分、同様の商品に比べて少々高いのも
十分に頷けます。

一般に浸透するように、専門店以外で金額を下げて
流通させようと販売を初めて一気にブランド力がなくなって
その業界から退いたメーカーの話もいくつか耳にしました。

やはり、ブランド力を極めていったところが、
そこに信頼と愛情を寄せて定着したファンを
逃がさずにキープしているのです。

私自身、そうやって趣味のものだったり、
身の回りのものの購入を検討している時に、
最近はようやく、「いいもの」の本質を
きちんと見た上で決める事ができるように
なってきました。

ついつい金額で決めがちなのですが、
例えば山用品で安いからこれでいいか、と
妥協して買うと、結局、長く使えないのです。
機能性がいまいちだったり、デザインが
フィットしなかったり。。。

結局、買い直す、というパターンです。

目先だけでなく、長い目で見た時に、
「本当にいいもの」は、おそらく、
ずっと「いいもの」ではないでしょうか。

化粧品もそうです。
私は、本当に気に入ったものは、一生、
使って行こう、と思っています。

心底納得して、気に入ったものを、
化粧をし始めた頃からずっと使っています。

例えばクレンジング、アイブロー、メイクブラシ。
15年ほど、同じ商品を使い続けています。

そして、そのブランドが、常に同じものを少しずつ
リニューアルしながら、本質を変えずに
保ってくれているので、どんなに他のブランドに
新商品が出て来ても浮気しません(笑)

同様に、サクランの化粧水MAIKOシリーズを
心底気に入っているので、私はきっとこれからも
ずっと使い続ける、と思っています。

それくらい、価値のある化粧水だと思っています。

なので、いち、ファンとして、この商品が、
しっかりとしたブランド力を持つ商品として
確立していくのをこれからも見守りつつ、
もっと多くの方に、このMAIKOの良さを
お伝えしていければな、と思ってブログを
書いています。

これからも、MAIKOシリーズをどうぞ
よろしくお願いします。

yu.

About acquasacrum

*ビューティーアドバイザー 門永 友香* 栄養士を取得後、栄養の面から美容に惹かれ アーティストブランドの某化粧品会社に入社。 大手百貨店にて多くの方のスキンケアやメイクの アドバイスを行う。  その後、フリーのメイクアップアーティスト、 アロマセラピストとしてセミナー、スクール、 TV、雑誌等で活動中。
This entry was posted in BLOG. Bookmark the permalink.

Comments are closed.